Mondul Estates, Tanzania

tanzania モンジュール農園

1931年にイタリア人一家により小麦畑として開拓され、コーヒーは1930-40年代に植えられました。その後2007年にブルカ農園に買収されました。 深い火山灰土壌による保水とモンジュール山麓から湧き出る4つの水源の恩恵を受け、長年安定して高品質コーヒーを栽培し続けており、日本のみならず世界からもタンザニア最高峰コーヒーとして広く親しまれています。

お問い合わせ・ご注文

Details

地域 タンザニア北部アルーシャ地区ミーネット村Meandet village
面積 511ha
栽培面積 211ha(361,000本)
標高 1,700m
品種 Blue Mountain, N39, KP423
土壌 浸透性高く水はけと保水性を兼ねそろえた火山灰性ローム深層
水源 モンジュール山麓からの天然水
降水量 過去5年平均約600㎜
気温 15-24℃
収穫 fly crop (June-Aug) / main crop (Oct-Dec)